四国タオル工業組合からのお知らせ

「今治タオルリレーマラソン」が開催されました。

2019/12/02

「今治タオルリレーマラソン」が開催されました

 

2019年11月24日(日)、今治タオル工業組合も開催協力する「今治タオルリレーマラソン」が催されました。今回が第7回目で、企業7チーム(タオルメーカーの参加チーム含む)、5人グループ1組、個人1名の計209人が参加しました。

本大会は、1周400mトラックを、今治タオルのタスキで繋いで105周(42.195km)するもので、前大会に引き続き、「今治クラブ」(20人)が2時間10分57秒で優勝しました。

なお、優勝景品として今治タオルが全員に授与されたほか、参加者全員に今治タオルの参加賞が贈られました。

 

 

ページの先頭へ

森林づくりCSR活動「今治タオルと水の森」がスタートします。

2019/11/30

森林づくりCSR活動「今治タオルと水の森」がスタートします

 

2019年11月27日(水)、今治市(菅良二市長)と今治タオル工業組合(井上裕基理事長)は、森林づくりCSR活動「今治タオルと水の森」の協定締結を行いました。

今治タオルづくりに欠かせない豊富な軟水を生み出してくれる蒼社川や、その源の高縄半島の森林を健全な状態に保ち、緑豊かな郷土づくりを目指します。今後はボランティア活動等を通じて社会貢献の大切さを学ぶほか、日本人特有の自然観や美意識など豊かな感性を育み、将来のものづくりを担う人財育成にも繋げていきます。

 

■「今治タオルと水の森」概要

所在地:今治市玉川町龍岡下能智

面積:48.43ha

 

■活動の主な内容

具体的な活動として下記を実施予定です。

  • 期間: 5 年間( 6 年目以降 1 年 更新)
  • 協賛金:年間100 万円
  • プロによる森林整備事業
    (地拵え作業、下刈作業、 間伐・除伐(すて伐り・掃除伐)作業、森林作業道整備作業)
  • 組合員およびその家族によるボランティア活動
    (植樹(植林)作業、下刈作業、枝打ち(枝落し)作業、除伐(すて伐り・掃除伐)作業、林内歩道整備作業、竹林整備作業、木工体験、体験学習等による情操教)

 

 

ページの先頭へ

今治市と今治タオル 2 者協定 森林づくり CSR 活動「今治タオルと水の森」スタート

2019/11/18

今治市と今治タオル2 者協定
森林づくりCSR 活動「今治タオルと水の森」スタート

~今治タオルづくりに欠かせない水源を供給する高縄半島を守り、
次世代の子供たちに森林の素晴らしさを伝える~

 

 

今治タオル工業組合

 

 

  愛媛県今治市(市長菅良二)と、 今治タオル工業組合(愛媛県今治市 理事長 井上裕基 )により推進されるジャパンブランド「今治タオル」 は、緑豊かな郷土づくりを目指すために、市と企業の2者協定を交わし、森林づくり CSR 活動「今治タオルと水の森」をスタートします。

 

 

■協定締結の背景

  今治タオルづくりに欠かせない豊富な軟水を生み出してくれる蒼社川。その源である高縄半島の森を大切にしたいという今治タオル工業組合の思いがきっかけで、この森林づくり CSR 活動「今治タオルと水の森」はスタートします。高齢化による人手不足が原因で荒廃する森林を健全な状態に保ち、緑豊かな郷土づくりを目指すため、今治市と今治タオル工業組合が2者協定を交わし活動していきます。

  豊かな森は、保水力から「緑のダム」とも言われており、洪水を緩和(洪水軽減)し、水資源を貯留(渇水緩和)する水源涵養機能があります。その森に浄化された水は、今治平野の農作物や瀬戸内海の魚を豊かにする根源であり、今治タオル産業の発展にも繋がります。そんな素晴らしい自然の循環を、未来永劫に渡り、守っていきたいと考えています。

 

■「今治タオルと水の森」概要

所在地:今治市玉川町龍岡下能智

面積:48.43ha

 

■活動の主な内容

具体的な活動として下記を実施予定です。

  • 期間: 5 年間( 6 年目以降 1 年 更新)
  • 協賛金:年間100 万円
  • プロによる森林整備事業
    (地拵え作業、下刈作業、 間伐・除伐(すて伐り・掃除伐)作業、森林作業道整備作業)
  • 組合員およびその家族によるボランティア活動
    (植樹(植林)作業、下刈作業、枝打ち(枝落し)作業、除伐(すて伐り・掃除伐)作業、林内歩道整備作業、竹林整備作業、木工体験、体験学習等による情操教)

 

■組合員及びその家族によるボランティア活動

第1回のボランティア活動を令和2 年 4 月末~ 5 月中旬ごろに、「今治タオルと水の森」にて実施予定です。
シンボルツリー記念植樹や、植林体験、体験学習等による情操教育を予定しています。

 

■各コメント

【菅良二 今治市長コメント 】

今治市は、これまで120 年もの間、地場産業である今治タオルに支えられてきました。この度、今治タオル工業組合より、市有林での「企業の森づくり活動」についてご支援のお話をいただき、大変有り難く、また心強く感じております。これからも共に森林の持つ公益的機能をより高度に発揮する森林を守り育てていきたいと思います。

 

【今治タオル工業組合 井上理事長コメント 】

今治タオル産地の今日があるのは蒼社川の豊かな水のおかげといっても過言ではありません。そしてその豊かな水を育んでいるのが高縄半島の森林です。この森林を未来へ繋いでいくことは我々の使命であると考え、組合員が一丸となって「今治タオルと水の森」を守り育てていきます。また、組合員とその家族で実施するボランティア活動を通じて、社会貢献の大切さを学ぶと共に日本人特有の自然観や美意識、豊かな感性を育み、将来のタオルものづくりを担う人財育成にも繋げます。

 

■今治タオル工業組合概要

代表者:
理事長 井上 裕基
住所:
〒 794 0033 愛媛県今治市東門町 5 丁目 14 番 3 号
TEL
0898 32 7000
URL
http://www.itia.or.jp
設立年月日:
昭和 27 年 11 月 1 日
組合員:
104 社
出資金:
119,058 千円
事業内容:
タオル製造業に関する指導及び教育、
タオル製造業に関する情報又は資料の収集及び提供、
タオル製造業に関する調査研究、
組合員のために行う組合ブランド推進事業、
共同購買事業、共同金融事業他

 

 

 

 

<本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先>

  • 今治市農水港湾部 農林振興課 森林整備担当:渡邉
    TEL:0898-36-1542 FAX:0898-32-5266
    MAIL:nourin@imabaricity.jp
  • 今治タオルPR 事務局 株式会社プラチナム内 ) 担当 : 石原、山口
    TEL:03-5572-7351 FAX:030-5572-6075
    MAIL:imabaritowel@vectorinc.co.jp
ページの先頭へ

第43回 今治タオルフェア開催のお知らせ

2019/09/13

 

第43回 今治タオルフェア

日 時 2019年10月19日(土)・20日(日) / 9:00 ~ 16:00(両日とも)

会 場 テクスポート今治 / 愛媛県今治市東門町5-14-3[MAP

日本最大のタオル産地今治で「第43回 今治タオルフェア」を開催いたします。

期間中は、今治産地のメーカーによる展示即売会や
新商品発表展示・「imabari towel CAFÉ」イベント・織物体験コーナー・糸紡ぎ体験コーナーが実施されます。

年に2回(春・秋)のタオルフェアです。
皆さま是非とも足をお運びください。

 

第43回 今治タオルフェア 告知チラシ(1.4 MB PDF)

 

 

ページの先頭へ

「今治タオル」のコンプライアンスへの取組みについて(第3報)

2019/08/23

「今治タオル」のコンプライアンスへの取組みについて(第3報)

今治タオル工業組合

 

 

今治タオル工業組合は、6月24日NHK「ノーナレ」の放送で外国人技能実習生が訴えた過酷な労働環境と法令違反を重く受け止め、7月8日開催の全員協議会において、「今治タオル」のコンプライアンスへの5つの取組みをまとめ(7月8日既報)、対応を進めてまいりました。

 

そしてこのたび、「今治タオルコンプライアンス委員会」と「今治タオル外国人技能実習生等連絡会議」を立ち上げるとともに、8月23日に臨時総会を開催して、「今治タオル」を製造するサプライチェーンにおいて社会的責任を果たすため、「今治タオル」の製造工程における行動や判断の基準となる指針・規範の制定と、ブランド事業に関連する規約等の改正を決議しました。

 

【「今治タオル」のコンプライアンスへの取組み】

 

  1. 今治タオル工業組合は、コンプライアンス(法令遵守、社会的責任)体制の確立と強化を図るための組織として「今治タオルコンプライアンス委員会」(以下、本委員会という。)を設置しました。
    本委員会は、労働者の権利と人権を尊重した持続可能な経済社会の構築とその推進を目指す専門家の助言の下、今回の問題が生じた原因と動機など背景を分析し、今後の防止に努めることで、「今治タオル」をご支持いただいている方々に安心してご使用いただくための対策を検討し、確実に実施していく組織です。
  2. 本委員会内に「今治タオル外国人技能実習生等連絡会議」を設置し、実習生からの相談や失踪事件などの情報を交換することで、実習生の労働環境の改善と人権擁護に繋げていきます。なお、同連絡会議は、今治市、今治商工会議所、外国人技能実習機構、今治労働基準監督署及び愛媛県中小企業団体中央会など関連する機関で構成します。
  3. 外国人技能実習制度の理解を深めるため、外国人技能実習機構及び愛媛労働局を外部講師に招いて、外国人技能実習生を受け入れている組合員及び縫製会社など協力企業を対象に研修会を継続して開催します。
  4. コンプライアンスの徹底を強化するため、7月8日に開催したコンプライアンス研修会(第1回)を今後も継続して開催します。
  5. 縫製会社など協力企業を含む「今治タオル」産地のサプライチェーンでの意見交換会を開催して、再発防止のための問題点の洗い出しとその他問題となる要因の早期発見並びにサプライチェーンにおける適正な取引の構築に向けた取組みを継続して実施していきます。

 

【臨時総会で決議された内容】

 

  1. 「今治タオル」を製造するサプライチェーンにおいて、労働環境が安全であること、労働者に対する敬意と尊厳を持って処遇すること、そして地球環境への悪影響を最小限にとどめることを通じて社会的責任を果たすことを目的とし、その達成に向けて「今治タオル」の製造に関する人権方針サスティナビリティ調達方針行動規範外国人労働者方針を策定しました。
  2. コンプライアンスの徹底を確実なものにするため、『今治タオルブランド商品認定事業規約』並びに『商標「今治タオル」の使用規程』を改正しました。この改正により、組合員又はその取引先などにおいて、労働者の権利や人権を侵害する重大な法令違反を行うなど、コンプライアンスに違反する行為があったときは、組合員に対しては是正を求めるほか、今治タオルブランド商品認定事業規約に基づき認定マーク使用契約の解除や使用の中止など必要な措置を命じます。また、組合員の取引先については、組合員に対して取引先への工場訪問を含む実態調査を求めるとともに、是正勧告又は取引中止を求めるなどの必要な措置を命じます。
ページの先頭へ

全員協議会と「コンプライアンス研修会:組織で考える不祥事防止策」 の開催(2019年7月8日)と今後の取組みについてのご報告

2019/07/08

全員協議会と「コンプライアンス研修会:組織で考える不祥事防止策」
の開催(2019年7月8日)と今後の取組みについてのご報告

今治タオル工業組合

 

 

当組合におきましては、6月24日(月)NHK「ノーナレ」の放送(本放送)を受け、技能実習生の労働環境の改善を優先に考えた取組みと、法令遵守等の周知徹底の強化の一つとして、本日(7月8日)開催した全員協議会及びコンプライアンス研修会の概要並びに全員協議会でとりまとめた今後の取組みをご報告申し上げます。

 

全員協議会では、本放送の経緯及び組合対応の説明並びに技能実習の適正な実施等のための取組及び協力企業を含むサプライチェーンにおける繊維産業の適正取引の推進など再度周知しました。

 

コンプライアンス研修会では、法令は勿論のこと、コンプライアンスの意義や人権尊重、顧客との健全な関係の発展・維持などについて勉強し、また、愛媛労働局から企業経営上の責任や労働基準法令などの留意点の説明を受けました。

 

そして、これはまだほんの一歩にすぎませんが、全員協議会の結果、当組合といたしましては技能実習生の労働環境等の改善を最優先に考えた対策として、以下の5つの取組みを行うことを決定いたしました。

 

(1) 業界全体で、労働環境改善に向けた行動規範、方針を策定する。

 

(2) 労働者の権利や人権を尊重し生活環境向上を目的とするセミナーや研修会を継続的に開催し、実効性あるものとするためそれらを検証していく。

 

(3) 外国人技能実習制度の理解を深めるための研修会を継続的に開催する。

 

(4) 外国人技能実習生の相談窓口について関係機関等と協議する。

 

(5) 縫製会社など協力企業を含む今治タオル産地のサプライチェーン全体での意見交換会を開催する。

 

なお、当組合では、現在、本放送に係る事実関係について外国人技能実習機構及び労働基準監督署などの調査結果を待つと同時に、引き続き組合挙げて事実確認をいたしております。

 

これからも、今治タオルのブランド価値と信頼を取り戻すべく当組合並びに組合員一同努力をしてまいりますので、引き続きご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

以上

ページの先頭へ

NHK「ノーナレ」報道についてのご報告

2019/06/26

NHK「ノーナレ」報道についてのご報告

 

6月24日(月)NHK「ノーナレ」報道(本報道)について、当組合に対しても様々なご意見を頂戴しております。また、今治タオルをご愛顧頂いている皆様、お取引先各社様、並びに関係各所の皆様方には多大なるご心配をお掛けしております。つきましては、当組合が現時点で把握しております事実関係についてご報告をさせていただきます。

今治タオル工業組合

 

今治タオル工業組合は、タオルを製織する会社104社(2019年5月)が所属する組織で、タオルの生産に関する情報の収集及び提供並びに調査研究等、今治タオルの振興を図る事業を実施しております。

 

まず、本報道にありましたベトナム人技能実習生の皆さまが受けた耐え難い苦痛に対しまして、当組合では社会的責任及び道義的責任を非常に重く受け止め、事実確認を進めております。

 

また、仕事中に脳出血で倒れ意識不明の状態が続いている実習生につきましては、外国人技能実習機構(同機構)が早急に事実を確認しているとのことですが、一日も早い回復を願っております。

 

当組合では、現在、本報道に係る事実関係についての情報収集をしているところでありますが、現時点で当組合が把握している事実は次のとおりです。

 

 

(1)ベトナム人技能実習生の受入企業(当該企業)は、当組合に所属する企業(組合員)ではありません。

 

本報道で「28人のベトナム人が働く下請工場」「仕事はタオルの縫製」と報道されている当該企業は、当組合の組合員でないことを確認しております。

また、本報道で「明日組合で話し合うと言っている」とある組合は、外国人技能実習生の監理団体(受入を行う協同組合)であるとされ、当組合とは別の組織です。当該企業と当組合との直接の接点はありません。

 

(2)当該企業は当組合員等の縫製の下請企業であることから、
    当組合も社会的責任及び道義的責任を重く受け止めています。

 

当該企業は当組合に所属する企業(組合員)ではありませんが、組合員等の縫製の下請企業であることから、今治タオルの振興を図る取り組みをしています当組合としましても、社会的責任及び道義的責任があると考えており、この問題を非常に重く受け止めております。

 

(3)今後の対応は、技能実習生の労働環境の改善を最優先に考えて支援などに取組みます。

 

現在のところ、当組合でも情報収集に努めるとともに、本報道にもありましたように同機構が「労働基準法や技能実習法などに反した疑いで会社の調査は続いている」とのことであり、同機構の調査結果となんらかの措置を参考にして、実習生の身分や地位等の利益を最優先して労働環境の改善などの対応を真摯に検討してまいります。

 

(4)法令遵守等の周知徹底の強化のための全員協議会およびコンプライアンス研修会を開催いたします。

 

当組合では、経済産業省等から指導を受けています「繊維産業における外国人技能実習の適正な実施等のための取組」と「繊維産業の適正取引の推進と生産性・付加価値向上に向けた自主行動計画」を基に、これまで以上に組合員はもとより下請企業の法令及びコンプライアンス遵守について周知徹底を強化します。

 

そのため、7月8日(月)午後1時30分から組合員104社を招集して、全員協議とコンプライアンス研修「組織で考える不祥事防止策」を開催いたします。また、一過性のことと捉えず、今後より一層業界として是正のための取組みを継続してまいります。

 

また、調査と並行し、組合員104社に対し、各社内のみならず、各社の業務委託先に関しても、労働者の健全な待遇や環境形成のサポートを行なえる制度構築、内規設計等を検討してまいります。

 

以上

ページの先頭へ

今治タオル子育て支援制度を導入~タオル業界で働くお母さんを応援~

2019/06/20

~タオル業界で働くお母さんを応援~
今治タオル子育て支援制度を導入

 

今治タオル工業組合(愛媛県今治市理事長 井上 裕基 )により推進されるジャパンブランド「今治タオル」 は、タオル業界で働く“お母さん”を応援するため「今治タオル 子育て支援制度」 を導入します。

 

■導入の背景

これまで女性に支えられてきた今治の繊維産業にあって、近年の人手不足が厳しくなるなか、ますます、働く女性の増加が求められています。 一方、子育てをしながらの労働は女性にとって大変な負担です。本制度は今治タオル業界として 、 子育てをしている母親の働き方改革を含めた支援をするものです。

 

■支給対象・金額等

<支給対象者>
今治タオル工業組合の組合員企業に就労し、社会保険適用を受ける女性労働者で、同居する中学校卒業まで(15歳に達した後、最初の3月31日まで)の子供を育てる者。
<支給額>
対象者一人につき月額10,000円とする。ただし、本支援金の活用を希望する組合員企業と、組合がそれぞれ支給額の半額を負担する。

 

■開始予定日

2019年7月1日より実施予定

ページの先頭へ

2019年度「今治タオル工業組合社内検定」のお知らせ

2019/04/27

2019年度 今治タオル工業組合社内検定

試験概要は次の通りとなります。

職  種

タオル製造(製織)
タオル製造(整経)

日  時

実技試験:2019年8月12日(月)~8月13日(火)

学科試験:2019年9月22日(日)

申込締切後、受検者には詳しい試験日時をお知らせします。

試験日程は、受検者の応募数、会場等の都合で変更する場合があります。

会  場

実技試験:愛媛中央産業技術専門校(今治市桜井団地4-1-1)

学科試験:テクスポート今治(今治市東門町5-14-3)

受検料

学科試験:3,100円(税込)
実技試験:12,100円(税込)

受検申込

2019年5月13日(月)~6月14日(金)締切当日の消印有効

受検を申込される方は、受検申請書に必要事項を記載し、写真を貼付のうえ受検料を添えて今治タオル工業組合まで提出してください。
(*受検申請書類はA3サイズに拡大して申請してください)

合格発表

2019年10月1日(火)

テクスポート今治正面入り口に掲示及びホームページに合格者の受検番号を掲示します。なお、受検者には本人宛郵送により合否のみ通知します。
合格証書は、10月20日(日)「第43回 今治タオルフェア」で授与します。


>>> 詳しくは「受検案内」をご覧ください

>>> 受検申請書はこちら

 

 

ページの先頭へ

平成31年度「知財功労賞」を受賞しました。

2019/04/12

平成31年度「知財功労賞」を受賞しました。

 

今治タオル工業組合は、このたび「知財功労賞 経済産業大臣表彰」(知財活用企業(商標))を受賞しました。同賞は、日本の知的財産権制度の発展・普及・啓発に貢献した個人および知的財産権制度を積極的に活用した企業等を、経済産業省 特許庁が表彰するもの。平成31年度は、経済産業大臣表彰として全国で個人1名および企業等6者、特許庁長官表彰として個人3名および企業等4者が受賞しました。

 

https://www.meti.go.jp/press/2019/04/20190411001/20190411001.html

 

【知財功労賞とは】

経済産業省 特許庁では毎年4月18日「発明の日」(日本初の特許制度である「専売特許条例」の交付(明治18年4月18日)を記念)に、知的財産権制度の発展および普及・啓発に貢献のあった個人に対して「知的財産権制度関係功労者表彰」、また、制度を有効に活用し円滑な運営・発展に貢献のあった企業等に対して「知的財産権制度活用優良企業等表彰」として、経済産業大臣表彰および特許庁長官表彰を行っており、両表彰を合わせ、「知財功労賞」と総称しています。


ページの先頭へ

安全にサービスをご利用いただくためHTTPS(SSL暗号化通信)を利用して通信内容を暗号化しています。

Copyright © IMABARI TOWEL INDUSTRIAL ASSOCIATION. All rights reserved.

  • 今治タオル ブランド
  • 今治タオル オンラインショップ
  • タオルの街と歴史
  • 法人の皆様へ
  • タオル業界の皆様へ